オンラインカジノの安全性は大丈夫なのか【過去日本でも逮捕者が出た】

online casino

カジノ法案と言われるIR法が成立し、これから日本でもカジノで遊べるようになります。

そこで改めて考えておきたいのがカジノの安全性です。

過去実際に起こった摘発についてなどネットカジノにまつわる出来事について解説を行います。

知らなかったでは済まないことにもなりますのでしっかり理解しておきましょう。

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、一言で言うと「海外のカジノが自宅から遊べる」というオンラインゲームサイトです。

リアルカジノと同じようにカジノゲームが楽しめるのはもちろんのこと、オンラインカジノではさらに「ボーナス」や「キャンペーン」などお得なイベントに参加できるのがオンラインカジノの醍醐味です!

しかも、生中継でライブディーラーと対戦できる「ライブカジノ」は、リアルカジノの臨場感がそのまま体験できます!

ただネット上でお金を賭けてカジノゲームができるだけで終わらないのが、オンラインカジノの最大の魅力です。

オンラインカジノの安全性

オンラインカジノの安全性について気になるのは大きく分けて以下の3つに分けられるのではないかと思います。

それぞれについて解説を行います。

「賭博罪に当たるのではないか?(違法性について)」

日本では原則として「賭博行為」が禁止されており、競馬や宝くじなどの国営ギャンブルしか認められておりません。

一方、オンラインカジノは法律で明記されていないため、違法賭博に当たるのではないかという見解もあります。

しかし、オンラインカジノの運営者は海外の政府が発行するライセンスを取得して合法的に運営しており、サーバーも海外にあるため、「賭博罪」の適用要件を満たしていないという考え方もあります。

(海外でカジノを遊ぶのと変わらないという見解)そのため現在は「違法とは言えないが合法であると明確にも言えない」状態となっています。

「裏で操作されているのではないか?」

映画やドラマではディーラーはルーレットの出したい目を出せる。

などといったカジノ側に有利になるようにプログラム上で操作されているのではないか?と不安になることもあります。

そのためユーザーに安心感を与えるため、マルタやイギリス国の政府がある一定の基準を満たしている(ペイアウト率や払い戻しの不備が無いかなど)かを調査し、条件を満たしている所にライセンスを発行しています。

また第3者機関にも調査を依頼して自身の状態を常に公開しています。

プレイするゲームにしてもオンラインカジノ側で作るのではなく、ゲームを作る会社がベット存在し、オンラインカジノ側に有利になるようなプログラムではなく、プレイヤーが遊んで楽しい物が残っていくような状態となっています。

「お金が支払われないのではないか?」

たくさんのプレイヤーが実際にオンラインカジノから勝金を受け取っています。

もちろん悪質なオンラインカジノなどは不払いのままサイトを閉鎖するなんてこともありますので、信頼のできるオンラインカジノであることが前提条件です。

「金銭のやり取りがきちんと行われているかどうか」はプレイヤーにとって非常に重要なポイントです。

もし不払いなどのトラブルがあればあっという間に口コミで広がってしまいます。オンラインカジノ業界において信用を失うことは致命的。

まともな経営者であれば入出金関係にはかなり気を使っていますので、トラブルの可能性はほとんどないでしょう。

オンラインカジノで実際に起こった摘発について

過去に日本人がオンラインカジノをプレイしていて摘発されたという事が起きました。

その内容について詳しく見ていきましょう。

その内容は「2016年、オンラインカジノをプレイした日本人プレイヤー3名が逮捕されました。」

この一件により、一時期は「日本からのオンラインカジノは違法になってしまうのか!?」と騒然となりましたが、最終的にこの一件は不起訴処分で終わっています。

カジノ側ではなく、プレイしている人が逮捕されたという事で、やはりオンラインカジノはい方なのか?と、当時はとても大きな衝撃がありました。

ですが、逮捕までの流れなど気になる点を考えてみました。

このオンラインカジノの目玉は「日本人ディーラーを起用したライブカジノゲーム」でした。

ライブカジノが遊べるオンラインカジノはたくさんありますが、日本人をディーラーとして起用しているのは珍しいことで、逮捕された3人もこのライブカジノをプレイしていました。

ライブカジノの開催時間も日本時間の夕方~深夜に設定するなど、日本人向けのサービスが非常に充実していました。

しかしこの「日本人向けサービス」がネックになったようで、「明らかに日本人向けのゲームを日本人がプレイした=日本でカジノをプレイした」という判断から、逮捕に至ったようです。

ただ、この考えはプレイヤーを逮捕するという流れに持っていくには少し不自然で、無理矢理のこじつけのようにも思われます。

これについては、「逮捕者が出た」という事実を世間に広めることで、オンラインギャンブルに関する動きをけん制したかったため、半ばむりやりに事例を作ったのではないかと考えられています。

カジノ法案とオンラインカジノについて

カジノ法案と言われるIR法が施行された後にオンラインカジノはどういう立ち位置になるのか?について現在話し合いが進んでいるIR法案の取りまとめ資料等の中を見てみるとオンラインカジノというワードについては「カジノ施設外から参加できるオンラインゲームは不可」という言葉が出ています。

ここでいうオンラインカジノとは「日本のカジノライセンスを受けたカジノ事業者(IR事業者)のカジノ施設はリアルカジノ限定であり、インターネットを使用したオンラインカジノで事業を展開することは禁止」という意味です。

わたしたちがプレイしているオンラインカジノを規制するものではなく、これからライセンスを受ける日本のIR事業者に対する規制です。

そのため、IR方が施行されても現在のオンラインカジノについてはそのIR法に適用されるかどうかというのは別の話となってきますので注意が必要です。

Leave a Reply