オンラインカジノでのクレジットカードについて【出金方法も解説】

オンラインカジノで遊ぶ時に欠かせないのがクレジットカード。

いろいろな入金手段があるものの、クレジットカードがあればややこしい手続きをしなくても、すぐに入金することが可能です。

そこで今回は数あるクレジットカードの種類の中から、オンラインカジノで使いやすいクレジットカードを解説します。

オンラインカジノで使用できるクレジットカード

・VISAカード

ほとんどのオンラインカジノで使える

クレジットカードを決済手段として取り入れているオンラインカジノのほとんどで使えるのが「VISA」になります。

VISAのマークがあるクレジットカードであれば、ほとんど使うことができます。

但し、VISAカードのプリペイドカード(Vプリカ)やVISAデビットカードなどが使えるオンラインカジノはまだまだ少数です。

・マスターカード

ほぼ使えます。ただ、ちょっと注意が必要

マスターカードに限ったことではありませんが、最初は使えていた決済手段が使えなくなるということはよくあります。

マスターカードの場合、VISAに比べると使えなくなることが多いように感じます。

また「VISAのみ」対応のオンラインカジノはよくありますが、「マスターカードのみ」対応のオンラインカジノはあまり見かけません。

やはり安定感という意味では、マスターカードは2位に甘んじているという印象です。

・JCBカード

JCBカードのみをお持ちの方でオンラインカジノを楽しみたい!という方は、VISAかマスターカードを作成することをお勧めします。

というのも、確かにJCBカードを使えるオンラインカジノはあるのですが、対応サイトはとても少ないのが現状です。

最初のうちは良いかもしれないですが、慣れてくるといろんなカジノサイトに登録したくなるものです。

複数のオンラインカジノに登録してプレイする場合、JCB以外のクレジットカードが必要になってきてしまいます。

決済手段はなるべくまとめた方が便利なので、最初からVISAやマスターカードを作っておいた方が良いでしょう。

後はVプリカやバンドルカード等と言った手段もありますが、Vプリカに関しては現在使用できない。もしくはしずらいオンラインカジノが多いのでオススメしません。

Vプリカで入金できない・しづらい理由

VプリカとはVISAカードが発行しているネット専用のプリペイドカードです。

日本に住んでいる18歳以上の人であれば審査を受けることなく最短で即日発効が可能です。

そんな便利なカードですがオンラインカジノでの使用に関しては取り扱っていない。又は、取り扱っているが入金できたり出来なかったりするという事が起きているようです。

その原因は元々が日本人飲みに向けたサービスであり、審査が不要であるといった点。プリペイドカードなのでクレジットカードよりは信頼性が落ちると判断されていることが原因のようです。

同じようにオンラインカジノ側で対応可能のクレジットカードであると明記されているのに入金が出来ない時があります。

この原因も大きく分けて、ユーザー側、オンラインカジノ側、中間にいる業者(銀行や決済会社)の大きく3つに分けられます。

原因となりうる可能性のあるものをいかに箇条書きにしましたが、それ以外の理由で入金や出金が保留になっる可能性もあります。

そんな場合はそれぞれのオンラインカジノのサポートセンターに連絡して現状を確認してそれぞれの問題を解決していきましょう。

・ユーザー側で対処する必要のある項目

限度額を超えて入金している場合

アカウント情報とは異なるクレジットカードで入金している(誤記入など)

本人認証書類を提出していない

オンラインカジノ側で対応していないカードを入力している。

本人名義のカードではない

・カジノ側での問題

カジノ側で設定している入金限度額を超えて入金している場合

カジノ側で入金を保留している等。(サポートに連絡して解決しましょう)

・中間業者側での問題

クレジットカード発行会社(銀行系に多いようです)がオンラインカジノでの決済を承認していない

クレジットカードの決済会社がオンラインカジノを承認していない場合

クレジットカードを利用後の出金方法

クレジットカードで入金をし、カジノをプレイしある程度増えたので出金したい場合、クレジットカードでは出金の申請が出来ない場合がほとんどです。

(クレジットカードの入金後に入金分を戻すチャージバックという方法もありますが、入金した以上の出金ができず。ある一定の期間を過ぎると出来なくなるのでオススメしません。)

そこで出金のできる方法として現在は大きく4種類の方法があります。それぞて

・電子決済(ecoPayz・iWallet・VenusPointなど)

電子決済サービスは、入金にも出金にも利用することができます。

ほとんどのオンラインカジノが電子決済に対応しているため、入金・出金どちらもまとめて電子決済を使えば資金管理もしやすくなります。

電子決済で出金する場合は、オンラインカジノから勝ち金を電子決済の口座に出金し、そこから手元に引き出したい場合は、電子決済の口座からお手持ちの銀行口座に出金することができます。

電子決済のデメリットは、何らかの都合によってサービスが変更されたり、サービスが終了してしまうケースがあるということです。

また、電子決済で出金するには登録であることも挙げられますが、すでに入金に電子決済を使っていればそのアカウントでそのまま出金にも使えるので現在は主流な出金方法です。

ecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)VenusPoint(ヴィーナスポイント)等といった電子決済サービス会社が有名です。

・銀行送金(電信送金)

銀行送金のメリットは、銀行口座に直接振り込まれるので、引き出しまでの手間が省けるという点。意外にも手数料が安いところもありがたいポイントです。

また、間に銀行を挟むことになるため、銀行によっては不正利用の確認のため電話がかかってくる場合もあります。

この際、オンラインカジノや賞金で得たと伝えない方が無難です。特に出金額が高額になるほど確認される可能性が高くなりますので、銀行送金を利用する場合は覚えておきましょう。

(その場合もカジノで儲かった分の出金ですと正直に答えることで入金されます。電話に出ないと入金処理が完了しない場合もありますので注意が必要です)

銀行送金に対応しているオンラインカジノはまだあまり多くなく、基本的にクレジットカードで入金した場合のみ利用できる出金方法です。

電子決済で入金して銀行送金で出金ということはできません。

・ビットコイン(仮想通貨)

ビットコインは入金同様に、間に管理組織を挟まないため、手数料が非常に安く、素早く出金ができるのがメリットです。

また、ビットカジノなどの仮想通貨専用カジノであれば、本人確認書類の提出がないので出金するときの手間も省けますよ。

・小切手

最近は小切手自体取り扱っているオンラインカジノがほとんどありませんので一応記載していますが、使用する事はないでしょう。

Leave a Reply