オンラインカジノの安全性は大丈夫なのか【過去日本でも逮捕者が出た】

online casino

カジノ法案と言われるIR法が成立し、これから日本でもカジノで遊べるようになります。

そこで改めて考えておきたいのがカジノの安全性です。

過去実際に起こった摘発についてなどネットカジノにまつわる出来事について解説を行います。

知らなかったでは済まないことにもなりますのでしっかり理解しておきましょう。

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、一言で言うと「海外のカジノが自宅から遊べる」というオンラインゲームサイトです。

リアルカジノと同じようにカジノゲームが楽しめるのはもちろんのこと、オンラインカジノではさらに「ボーナス」や「キャンペーン」などお得なイベントに参加できるのがオンラインカジノの醍醐味です!

しかも、生中継でライブディーラーと対戦できる「ライブカジノ」は、リアルカジノの臨場感がそのまま体験できます!

ただネット上でお金を賭けてカジノゲームができるだけで終わらないのが、オンラインカジノの最大の魅力です。

オンラインカジノの安全性

オンラインカジノの安全性について気になるのは大きく分けて以下の3つに分けられるのではないかと思います。

それぞれについて解説を行います。

「賭博罪に当たるのではないか?(違法性について)」

日本では原則として「賭博行為」が禁止されており、競馬や宝くじなどの国営ギャンブルしか認められておりません。

一方、オンラインカジノは法律で明記されていないため、違法賭博に当たるのではないかという見解もあります。

しかし、オンラインカジノの運営者は海外の政府が発行するライセンスを取得して合法的に運営しており、サーバーも海外にあるため、「賭博罪」の適用要件を満たしていないという考え方もあります。

(海外でカジノを遊ぶのと変わらないという見解)そのため現在は「違法とは言えないが合法であると明確にも言えない」状態となっています。

「裏で操作されているのではないか?」

映画やドラマではディーラーはルーレットの出したい目を出せる。

などといったカジノ側に有利になるようにプログラム上で操作されているのではないか?と不安になることもあります。

そのためユーザーに安心感を与えるため、マルタやイギリス国の政府がある一定の基準を満たしている(ペイアウト率や払い戻しの不備が無いかなど)かを調査し、条件を満たしている所にライセンスを発行しています。

また第3者機関にも調査を依頼して自身の状態を常に公開しています。

プレイするゲームにしてもオンラインカジノ側で作るのではなく、ゲームを作る会社がベット存在し、オンラインカジノ側に有利になるようなプログラムではなく、プレイヤーが遊んで楽しい物が残っていくような状態となっています。

「お金が支払われないのではないか?」

たくさんのプレイヤーが実際にオンラインカジノから勝金を受け取っています。

もちろん悪質なオンラインカジノなどは不払いのままサイトを閉鎖するなんてこともありますので、信頼のできるオンラインカジノであることが前提条件です。

「金銭のやり取りがきちんと行われているかどうか」はプレイヤーにとって非常に重要なポイントです。

もし不払いなどのトラブルがあればあっという間に口コミで広がってしまいます。オンラインカジノ業界において信用を失うことは致命的。

まともな経営者であれば入出金関係にはかなり気を使っていますので、トラブルの可能性はほとんどないでしょう。

オンラインカジノで実際に起こった摘発について

過去に日本人がオンラインカジノをプレイしていて摘発されたという事が起きました。

その内容について詳しく見ていきましょう。

その内容は「2016年、オンラインカジノをプレイした日本人プレイヤー3名が逮捕されました。」

この一件により、一時期は「日本からのオンラインカジノは違法になってしまうのか!?」と騒然となりましたが、最終的にこの一件は不起訴処分で終わっています。

カジノ側ではなく、プレイしている人が逮捕されたという事で、やはりオンラインカジノはい方なのか?と、当時はとても大きな衝撃がありました。

ですが、逮捕までの流れなど気になる点を考えてみました。

このオンラインカジノの目玉は「日本人ディーラーを起用したライブカジノゲーム」でした。

ライブカジノが遊べるオンラインカジノはたくさんありますが、日本人をディーラーとして起用しているのは珍しいことで、逮捕された3人もこのライブカジノをプレイしていました。

ライブカジノの開催時間も日本時間の夕方~深夜に設定するなど、日本人向けのサービスが非常に充実していました。

しかしこの「日本人向けサービス」がネックになったようで、「明らかに日本人向けのゲームを日本人がプレイした=日本でカジノをプレイした」という判断から、逮捕に至ったようです。

ただ、この考えはプレイヤーを逮捕するという流れに持っていくには少し不自然で、無理矢理のこじつけのようにも思われます。

これについては、「逮捕者が出た」という事実を世間に広めることで、オンラインギャンブルに関する動きをけん制したかったため、半ばむりやりに事例を作ったのではないかと考えられています。

カジノ法案とオンラインカジノについて

カジノ法案と言われるIR法が施行された後にオンラインカジノはどういう立ち位置になるのか?について現在話し合いが進んでいるIR法案の取りまとめ資料等の中を見てみるとオンラインカジノというワードについては「カジノ施設外から参加できるオンラインゲームは不可」という言葉が出ています。

ここでいうオンラインカジノとは「日本のカジノライセンスを受けたカジノ事業者(IR事業者)のカジノ施設はリアルカジノ限定であり、インターネットを使用したオンラインカジノで事業を展開することは禁止」という意味です。

わたしたちがプレイしているオンラインカジノを規制するものではなく、これからライセンスを受ける日本のIR事業者に対する規制です。

そのため、IR方が施行されても現在のオンラインカジノについてはそのIR法に適用されるかどうかというのは別の話となってきますので注意が必要です。

オンラインカジノを遊ぶ上でおすすめの決済方法|ヴィーナスポイント

venus point

オンラインカジノで遊ぶ人にとって「気軽に出金する手段がない」「個人情報の登録がうまくいかず出金ができない」など、お悩みの方も多いのでは?

そこでおすすめなのが『VenusPoint(ヴィーナスポイント)』です。ヴィーナスポイントは、オンラインカジノで稼いだお金を、日本円として登録した銀行に出金できるサービスです。

ヴィーナスポイントとは?

VenusPoint(ヴィーナスポイント)は、加盟店からの資金の「送付」「受取」「換金」ができるサービスです。

他のお金を直接取扱う電子決済サービスと異なる一番の特徴は、「ポイント」でお金を管理するところです。

基準単価は米ドル(USD)で、「1ドル=1ポイント」として扱われるため、換算もカンタン。

VenusPoint加盟店同士であればポイントを受け取り、別のオンラインカジノに送金が自由に行えるため複数のカジノサイトで遊んでいるプレイヤーにオススメです。

また、ヴィーナスポイントはユーザーが決済することにより利益を生む会社である為、ユーザに利用してもらうために会社として全力で取り組んでいるため、安心して利用ができます。

現在は、クレジットカードなどで直接ヴィーナスポイントを購入することができません。

そのため、手元にポイントがない場合はポイントを使ってオンラインカジノに直接入金することもできないようになっています。

口座にヴィーナスポイントを入れるためには加盟店からポイントを受け取る必要があり、加盟店とはヴィーナスポイントの入出金に対応したオンラインカジノのことです。

つまり、ヴィーナスポイントでは初めての入金には対応できないということになりますので注意しましょう。

初めての入金にはクレジットカードを利用し、出金手段としてヴィーナスポイントをするのが便利です。

ヴィーナスポイントの手数料

ヴィーナスポイントから銀行への換金  900ポイントごとに1.8ポイント

使用する通貨の選択

使用通貨には日本円(JPY)を選ぶことも出来ますが、換金手数料がかかることを考えると米ドル(USD)を選択するこをおすすめします。

ヴィーナスポイントのメリットとデメリット

ヴィーナスポイントを使うメリット

ヴィーナスポイントは口座開設、維持費が無料で利用できます。

また日本人にとってこうした決済サービスに登録する際にハードルとなるのが、対応言語ですね。

ヴィーナスポイントのサイトは日本語対応となっており、メールでの日本語サポートも充実しています。

出金に特化しているサービスならではの、出金手数料の安さと出金口座への反映の速さも魅力となっていますし、オンラインカジノに入金した際のポイントバックも嬉しいですね。

ヴィーナスポイントを使うデメリット

他の電子決済サービスでは、その口座に入金することができるのに対し、ヴィーナスポイントは、アカウントへの直接入金ができないという点がデメリットとなります。

ヴィーナスポイントはあくまでも「ポイント」を管理するサービスです。

オンラインカジノを始めとした提携サービスで貯まったお金やポイントを、ヴィーナスポイントにまとめ、そのまとめたポイントを日本円に換金して出金するという流れになります。

ヴィーナスポイントが利用可能なオンラインカジノ

エコペイズと比べると、対応しているオンラインカジノが若干少ない気もしますが、いくつかの主要なオンラインカジノで使用可能です。

その中でも特にオススメなのがベラジョンカジノです!

どちらも他のオンラインカジノと比べ、日本人プレイヤーから多くの支持を集めているのが特徴的です。

他にはカジ旅やラッキーニッキーもヴィーナスポイントに対応しています。

ヴィーナスポイントの信頼性

VenusPoint(ヴィーナスポイント)は、英国領土ヴァージン諸島に本拠点を置く企業が運営しています。

企業の詳しい情報が出ていないため、運営企業の情報が明記されている「ecoPayz(エコペイズ)」や「iWallet(アイウォレット)」の方が、信頼性においては高いと言えそうです。

ただし、2001年に設立された老舗オンラインカジノ【ネットベットカジノ】や世界中で人気度の高い【ベラジョンカジノ】などもVenusPoint(ヴィーナスポイント)を採用していることから、メインではなくともサブツールとして、入出金手段に追加しておくと良いでしょう。

また、信頼性において心配な方は、当面大きな資金をポイントとして置きっ放しにするのではなく、こまめに銀行口座に換金しておけば、突然の撤退があったとしても安心です。

まとめ

ヴィーナスポイントは比較的新しくサービスを始めた決済サイトです。

またポイント交換サイトといういままでは異なる立ち位置のサービスなのも今後どのような展開を行うのかにも注目があつまります。

信頼性も高く、手数料も安いため今後の新しいスタンダードサービスとしても定着していくものではないかと思います。

アイウォレットの手数料や入金方法などを解説【ATMから出金出来ます】

オンラインカジノの普及と合わせて、取り扱われる入出金方法も多種多様になってきています。

オンラインカジノはネットギャンブルであり、リアルマネーを賭けて勝負に挑みます。

今回は、需要が伸びてきている電子決済サービス「iwallet(アイウォレット)」について、見ていきましょう。

アイウォレットとは?安全なの?

iwallet(アイウォレット)は、イギリスと香港に拠点を置く電子決済サービス会社です。

ヨーロッパを中心とし全世界に向けて事業を展開しており、現在はecoPayz(エコペイズ)に続く、利用率の高いオンラインカジノの入出金方法です。

ショッピングやネットゲームで利用できるため、海外での利用者も多く、「日本語対応」していることから、安心して使える入出金方法として、押さえておくと良いでしょう。

安全性についてはiwallet(アイウォレット)とは、インターネットを通じて提供されるウェブウォレットサービスです。

そのため、セキュリティ対策等の安全性においては、誰しもが気になるところ。

iwallet(アイウォレット)のプラットフォームは、業界標準のSSL暗号化技術と最先端のファイアウォールシステムを採用し、不正アクセスの防止、データ盗難から完全に保護する対策を行なっています。

また、香港政府発行のライセンスMSO(MoneyServiceOperatorsLicense)を取得して、安全に運営されています。

また、アイウォレットはユーザーが決済することにより利益を生む会社である為、ユーザに利用してもらうために会社として全力で取り組んでいるため、安心して利用ができます。

アイウォレットの手数料

iWallet(アイウォレット)はATMでの出金ができるとても便利な電子決済サービスですが、手数料に関しては注意が必要です。

まず、同じ電子決済サービスであるecoPayz(エコペイズ)と比べると手数料が割高です。

さらに、月々にカードの維持費がかかったり、一定期間口座を使っていないと手数料がかかったりするなど設定もかなり特殊なものとなっています。

※気をつけて欲しい注意点※

※iWallet口座開設後90日以上取引実績がない場合は「休眠口座」となり口座は凍結されます。

※前回の取引日以降の180日間に、iWallet口座内で取引実績が確認できない場合、iWallet休眠口座管理手数料として「20ドル(USD)」徴収されます。

他にも ・銀行振込の取消手数料 US$50.00

・口座閉鎖手数料 US$5.00 が必要となります。

その他お金の移動でかかる手数料としては

・個人から個人への送金(受取側に請求されます) 送金額の0.5%

・国際銀行振込(出金) 0.50%(最小 US$35)

・プリペイドカードへチャージ 1.75%(最小 $5.00)

があります。

(手数料の金額やその項目は改訂される可能性がありますので最新のものは公式ページにて確認してください。)

使用する通貨の選択

使用通貨には日本円(JPY)を選ぶことも出来ますが、換金手数料がかかることを考えると米ドル(USD)を選択するこをおすすめします。

アイウォレットへの入金方法

『クレジットカード/デビットカード』

入金までの反映が早く、手続きも簡単なクレジットカード(デビットカード)。

とても便利な入金手段ですが、iWalletに対応しているクレジットカードはVISAとMASTERの2種類となります。

また、日本のクレジットカード会社が海外への送金に対して非常に慎重であることからVISA・MASTERカードであってもiWalletへの送金を制限している可能性があります。手数料も5%と比較的高額なことがデメリットでしょう。

『銀行送金(国内/国際)』

クレジットカードを持っていない人でも利用できる銀行送金。

iWalletには提携している国内銀行へ振り込みを行う国内銀行送金と、従来の国際銀行送金が入金手段として用意されています。

国際銀行送金はiWallet側でかかる手数料はありませんが中継する銀行での手数料が発生。国内銀行送金は振り込む金額の2.3%の手数料が発生します。

入金申請から口座に反映までの日数

国内銀行送金:当日~翌日着金、着金から3~5営業日で口座反映

国際銀行送金:3~5日で着金、着金から1営業日で口座反映

国内銀行送金は、数日で口座に反映される場合もありますがiWalletで案内されている日数は上記の通りとなります。

反映まで1週間ほど時間がかかる可能性がありますので余裕をもって入金の申請を行いましょう。

『暗号通貨ソリューション(仮想通貨)』

iWalletも2019年3月から仮想通貨での入金サービスがスタートしました!

現在入金に利用できる通貨はビットコインのみとなっていますが、手数料も比較的安価で他の入金手段と比べて最も反映時間が早いことが魅力的です。

最低入金額が0.05BTCと高めで、送金したビットコインは自動的にユーロに換算されるなどのデメリットはありますが、ビットコインやウォレットをお持ちの方には便利な入金手段ではないでしょうか。

『バウチャー購入(クーポン)』

バウチャー購入とはiWallet内で発行されているクーポンを購入して口座に入金を行う方法のことです。

手続きはクーポンの金額を指定し、指定された口座に入金してクーポンを購入する簡単なものですが、手数料が5%と割高となっていることがデメリットです。

しかし、バウチャー購入の反映速度は最大2営業日。手続きが混雑していない時などは即座に反映されるというメリットがあります。

クレジットカードや仮想通貨がなくても素早く入金が完了するのが嬉しいポイントです。

エコペイズってどうなの?【政府公認で日本語対応可能は最強】

ecopayz

オンラインカジノをスタートするにあたって、必要になるのが「入金・出金ツール」

カジノで賭けるための軍資金を入金したり、勝った賞金を出金するために利用する入出金手段には様々な方法があります。

今回は、オンラインカジノの中でも取り扱われる数が多く、登録者も多い「ecoPayz(エコペイズ)」について見ていきましょう!

エコペイズとは?安全なの?

ecoPayz(エコペイズ)はイギリス発の電子決済サービスです。

インターネット上でお金をやり取りする上に海外が運営元ということで、「本当にお金のやり取りをしても大丈夫な信頼できるサービスなのか?」というのが気になるところです。

ecoPayz(エコペイズ)を運営している企業は「PSI-Pay Ltd.」というイギリスの企業です。

この企業はイギリス政府の統制下にある金融行動監視機構(FCA)の電子マネー部門の許可と規制を受けecoPayz(エコペイズ)を運営しています。

政府が関わっているということで、信頼性は非常に高く、安心して利用できるサービスであるといえるでしょう。

特に日本人にオススメなポイントとしては「日本語対応」が上げられます。

公式サイトもそうですが、サポートにも日本語対応がされているため、もしもの事があっても意思疎通がしやすいことが上げられます。

スマホアプリもある利便性の高い操作性

ecoPayz(エコペイズ)は、パソコンだけでなく公式アプリをダウンロードすれば、スマートフォンやタブレットを使って、24時間いつでも気軽に資金管理が行えます。

登録時間は、アプリをインストール後、たったの1~2分で完了。

それだけの短時間であっという間に、便利なあらゆる機能を利用できるようになるのです。

通勤中でも、自宅でも、ちょっとした時間にささっと確認できるため、PCよりもスマホやタブレットをよく利用される方にもオススメです!

エコペイズの手数料|ecoPayz

ecoPayz(エコペイズ)には、5段階の会員レベルが設定されています。

アカウントの種類は、Classic・Silver・Gold・Platinum・VIPの5種類です。会員レベルが上がるごとに、「利用限度額」のアップなどのメリットが用意されています。

登録当初はスタートランクである「Classic」レベルになりますが、そのレベルでは以下のことが出来ません。

・オンラインカジノにエコペイズを通して入金する

・オンラインカジノからの勝利金をエコペイズから引き出す

・複数通貨のサブアカウントを追加する(10通貨まで)

・銀行口座への引き出し

・自分の持っているアカウント間での送金

・他の人のエコアカウントへの送金(送金者負担)

そのため身分証明を行う事で次のランクである「Silver」へとランクアップする事ができます。

身分証明はオンラインカジノ側にも必須な項目な項目です。こちらでもアップグレードしましょう。

それ以降のランクを目指す場合はある程度の入金額等が必要となりますのでまずはSilverにしていくことを意識しましょう。

それぞれのランクでの違いの例を出しますと通貨の換算手数料が「Classic」であれば2.99%の手数料が必要となりますが。

最大の「VIP」であれば1.25%となります。

他には一日の利用上限額が「Classic」であれば約230ドル程度となりますが。最大の「VIP」であれば約7800ドルの利用が可能です。

使用する通貨の選択

使用通貨には日本円(JPY)を選ぶことも出来ますが、換金手数料がかかることを考えると米ドル(USD)を選択するこをおすすめします。

オンラインカジノ側で対応している通貨がアメリカドルやユーロ・ポンドが多いです。

ここで日本円を選択した場合オンラインカジノに入金、出金を行うたびに通貨換算手数料(最大2.99%)が毎回必要となります。

そうなると無駄に手数料がかかるためオンラインカジノ取り扱いが良くされているアメリカドルをエコペイズに入金した状態で複数のオンラインカジノとやり取りを行うのがよいでしょう。

エコペイズへの入金方法

『クレジットカード/デビットカード』

まずはクレジットカードでの入金ですが、手続きが簡単・スピーディなどのメリットがあります。

ただし、現在エコペイズではオンラインカジノへの入金を目的としたクレジットカードでの入金を禁止しています。

オンラインカジノに入金する際はクレジットカード入金は便利ですが別の入金方法を選びましょう。

『Wire Pay(銀行振込)』

ローカル入金の中にあるWirePayが銀行振込のことになります。WirePayのメリットはクレジットカードを持っていない人でもecoPayzに入金できることが魅力的です。

しかし、WirePayはエコペイズへの手数料と為替手数料が掛かってしまうことと入金までに日数が掛かってしまう場合がありますので覚えておきましょう。

『Alternative Payments(仮想通貨)』

ビットコインなどの仮想通貨を持っている方は、Alternative Payments(仮想通貨での入金)がおすすめです。

仮想通貨は素早く入金できる上に、手数料がかからないという大きなメリットがあります。

ただし仮想通貨やウォレットを持っていないと使えない入金手段であり、仮想通貨そのものの取り扱いが少々難しいため慣れない場合は別の方法で入金するのがおすすめです。

『ecoVoucher(プリペイド決済)』

最後にecoVoucher(プリペイド決済)はオンライン上でプリペイドecoVoucherを購入してエコペイズの公式サイトに発行されたPINコードを入力することで入金を行う決済手段となります。

銀行口座もクレジットカードも不要のため、個人情報をオンライン上で登録したくない方には便利です。

しかし、ecoVoucherが購入できるサイトは現在『Offgamers』のみとなっており日本語に対応していないことがデメリットと言えるでしょう。

オンラインカジノでのクレジットカードについて【出金方法も解説】

オンラインカジノで遊ぶ時に欠かせないのがクレジットカード。

いろいろな入金手段があるものの、クレジットカードがあればややこしい手続きをしなくても、すぐに入金することが可能です。

そこで今回は数あるクレジットカードの種類の中から、オンラインカジノで使いやすいクレジットカードを解説します。

オンラインカジノで使用できるクレジットカード

・VISAカード

ほとんどのオンラインカジノで使える

クレジットカードを決済手段として取り入れているオンラインカジノのほとんどで使えるのが「VISA」になります。

VISAのマークがあるクレジットカードであれば、ほとんど使うことができます。

但し、VISAカードのプリペイドカード(Vプリカ)やVISAデビットカードなどが使えるオンラインカジノはまだまだ少数です。

・マスターカード

ほぼ使えます。ただ、ちょっと注意が必要

マスターカードに限ったことではありませんが、最初は使えていた決済手段が使えなくなるということはよくあります。

マスターカードの場合、VISAに比べると使えなくなることが多いように感じます。

また「VISAのみ」対応のオンラインカジノはよくありますが、「マスターカードのみ」対応のオンラインカジノはあまり見かけません。

やはり安定感という意味では、マスターカードは2位に甘んじているという印象です。

・JCBカード

JCBカードのみをお持ちの方でオンラインカジノを楽しみたい!という方は、VISAかマスターカードを作成することをお勧めします。

というのも、確かにJCBカードを使えるオンラインカジノはあるのですが、対応サイトはとても少ないのが現状です。

最初のうちは良いかもしれないですが、慣れてくるといろんなカジノサイトに登録したくなるものです。

複数のオンラインカジノに登録してプレイする場合、JCB以外のクレジットカードが必要になってきてしまいます。

決済手段はなるべくまとめた方が便利なので、最初からVISAやマスターカードを作っておいた方が良いでしょう。

後はVプリカやバンドルカード等と言った手段もありますが、Vプリカに関しては現在使用できない。もしくはしずらいオンラインカジノが多いのでオススメしません。

Vプリカで入金できない・しづらい理由

VプリカとはVISAカードが発行しているネット専用のプリペイドカードです。

日本に住んでいる18歳以上の人であれば審査を受けることなく最短で即日発効が可能です。

そんな便利なカードですがオンラインカジノでの使用に関しては取り扱っていない。又は、取り扱っているが入金できたり出来なかったりするという事が起きているようです。

その原因は元々が日本人飲みに向けたサービスであり、審査が不要であるといった点。プリペイドカードなのでクレジットカードよりは信頼性が落ちると判断されていることが原因のようです。

同じようにオンラインカジノ側で対応可能のクレジットカードであると明記されているのに入金が出来ない時があります。

この原因も大きく分けて、ユーザー側、オンラインカジノ側、中間にいる業者(銀行や決済会社)の大きく3つに分けられます。

原因となりうる可能性のあるものをいかに箇条書きにしましたが、それ以外の理由で入金や出金が保留になっる可能性もあります。

そんな場合はそれぞれのオンラインカジノのサポートセンターに連絡して現状を確認してそれぞれの問題を解決していきましょう。

・ユーザー側で対処する必要のある項目

限度額を超えて入金している場合

アカウント情報とは異なるクレジットカードで入金している(誤記入など)

本人認証書類を提出していない

オンラインカジノ側で対応していないカードを入力している。

本人名義のカードではない

・カジノ側での問題

カジノ側で設定している入金限度額を超えて入金している場合

カジノ側で入金を保留している等。(サポートに連絡して解決しましょう)

・中間業者側での問題

クレジットカード発行会社(銀行系に多いようです)がオンラインカジノでの決済を承認していない

クレジットカードの決済会社がオンラインカジノを承認していない場合

クレジットカードを利用後の出金方法

クレジットカードで入金をし、カジノをプレイしある程度増えたので出金したい場合、クレジットカードでは出金の申請が出来ない場合がほとんどです。

(クレジットカードの入金後に入金分を戻すチャージバックという方法もありますが、入金した以上の出金ができず。ある一定の期間を過ぎると出来なくなるのでオススメしません。)

そこで出金のできる方法として現在は大きく4種類の方法があります。それぞて

・電子決済(ecoPayz・iWallet・VenusPointなど)

電子決済サービスは、入金にも出金にも利用することができます。

ほとんどのオンラインカジノが電子決済に対応しているため、入金・出金どちらもまとめて電子決済を使えば資金管理もしやすくなります。

電子決済で出金する場合は、オンラインカジノから勝ち金を電子決済の口座に出金し、そこから手元に引き出したい場合は、電子決済の口座からお手持ちの銀行口座に出金することができます。

電子決済のデメリットは、何らかの都合によってサービスが変更されたり、サービスが終了してしまうケースがあるということです。

また、電子決済で出金するには登録であることも挙げられますが、すでに入金に電子決済を使っていればそのアカウントでそのまま出金にも使えるので現在は主流な出金方法です。

ecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)VenusPoint(ヴィーナスポイント)等といった電子決済サービス会社が有名です。

・銀行送金(電信送金)

銀行送金のメリットは、銀行口座に直接振り込まれるので、引き出しまでの手間が省けるという点。意外にも手数料が安いところもありがたいポイントです。

また、間に銀行を挟むことになるため、銀行によっては不正利用の確認のため電話がかかってくる場合もあります。

この際、オンラインカジノや賞金で得たと伝えない方が無難です。特に出金額が高額になるほど確認される可能性が高くなりますので、銀行送金を利用する場合は覚えておきましょう。

(その場合もカジノで儲かった分の出金ですと正直に答えることで入金されます。電話に出ないと入金処理が完了しない場合もありますので注意が必要です)

銀行送金に対応しているオンラインカジノはまだあまり多くなく、基本的にクレジットカードで入金した場合のみ利用できる出金方法です。

電子決済で入金して銀行送金で出金ということはできません。

・ビットコイン(仮想通貨)

ビットコインは入金同様に、間に管理組織を挟まないため、手数料が非常に安く、素早く出金ができるのがメリットです。

また、ビットカジノなどの仮想通貨専用カジノであれば、本人確認書類の提出がないので出金するときの手間も省けますよ。

・小切手

最近は小切手自体取り扱っているオンラインカジノがほとんどありませんので一応記載していますが、使用する事はないでしょう。

ライブカジノの魅力|オススメプロバイダーも紹介

live casino

カジノは目の前でディーラーと面と向かって勝負をすることが魅力です。

ですが日本に住んでいるとカジノを行うことができないため、海外旅行に行くかオンラインカジノで遊ぶかの大きく2つの選択肢があります。

ただ、プログラムじゃなくて人と対戦したい。

と希望する人にはライブゲームがおススメです。そんなライブゲームを解説します。

オンラインカジノでまことしやかに噂されるのが「操作されているんじゃないか?」ということです。

プレーヤーにそのように思われないように政府のライセンスを取得したり第三者機関からの調査を受けたり、ある一定以上のペイアウト率などを維持していることを証明している事も一つの方法です。

その一つにライブカジノ(生中継)という手段でプレーヤーに安心感を与えています。

バカラでもブラックジャックでもルーレットでも、色々なゲームがプレイできます。

そんなライブカジノ/ライブゲームについて解説していきましょう。

ライブカジノ/ライブゲームとは

ライブカジノ/ライブゲームとは実際にスタジオで撮影された映像がライブで配信されるためゲームの正当性が確保されている。

オンラインカジノがスタジオを運営している場合もあるが、スタジオだけを運営している会社も存在します。

オンラインカジノによってはディーラーや同時に参加しているプレーヤー同士でチャットを使ってやり取りができたりします。

ライブカジノ/ライブゲームにはどのようなゲームがあるのか

ライブカジノ/ライブゲームで人気なのはライブルーレットやライブバカラ、ライブブラックジャック等があります。

最近ではモノポリー等もできるようになってきました。

ライブカジノ/ライブゲームの魅力

次に通常のオンラインゲームと異なる部分や、ライブカジノが魅力的だと多くの人から支持を集める理由を見ていきましょう。

・ランドカジノの雰囲気でリアルなカジノが楽しめる!

ライブカジノはコンピュータ相手の勝負では物足りないと感じてしまう人や、リアル感のあるカジノの雰囲気を味わいたい人が楽しめるよう考えられています。

オンランカジノはスマートフォンがあればどこでもプレイができる反面、機械的な面が多く緊張感や臨場感に欠ける部分がありました。対してライブカジノはリアルタイムのライブ映像を配信しているため、カードを配るディーラーの仕草や表情を見て心理戦をしたりと本場のカジノ同様にゲームをプレイすることができます。

目の前にディーラー本人がいる事や、ライブ配信も本物のカジノ場からという事もあり自分もランドカジノで遊んでいるかのようにゲームを楽しめます。

・ディーラーやプレイヤーとチャットが楽しめる!

同じテーブルについたディーラーやプレイヤーと会話を楽しむランドカジノの社交場としての楽しみ方もライブカジノで実現することができます。

ゲームテーブルにはディーラーと複数のプレイヤーが参加しており、チャット機能を使って同じテーブルにいる相手と会話が楽しめることもライブカジノの魅力の一つです。

・イカサマなどに対する安心感が高い!

ライブカジノは実際のディーラーがカードを配ったりルーレットを回している様子を全て見られるためイカサマや確率操作といった不正に対して安心感を得られるところも人気の理由です。

オンラインカジノは不正ができない様々な仕組みを取り入れていますが、中身が見えないコンピュータゲームと異なり出目に透明感がでるため勝敗に対する信頼も高いのが特徴です。

・ランドカジノでは使えない攻略法が使える!

カジノで確実に儲けたいのであれば、それぞれのゲームの攻略法を使うのが一番確実な方法です。

しかし、実際のランドカジノは服装や持ち込み物・行動の制限がある場所も多く存在しています。

ブラックジャックのカウンティングやモンテカルロ法などはゲーム状況の記録が必要となってくるためランドカジノでは使えません。

対してライブカジノは画面を通してゲームをプレイしているため様々な攻略法を駆使して勝負することが可能です。

ライブカジノはウェブカメラを通してこちらからディーラーが見えますが、こちら側の姿はディーラー側からは見えていません。

記録を取っていても問題がないため、普通のオンラインゲームと同様に攻略法を使ってゲームをプレイできます。

ライブゲームのゲームプロバイダー

オンラインカジノはカジノを運営する会社。

それとは別に、ゲームを開発することを専門とする会社があります。これをソフトウェア会社・ゲームプロバイダーと呼びます。

オンライカジノはこのソフトウェア会社と契約し、プレーヤーにゲームを届けています。

オンラインカジノ選びの時に重要になるのがこのソフトウェア会社です。

なぜならゲームに関するルールやどのくらい勝てるのかなどの設定を決めるのはソフトウェア会社だからです。そんなゲームプロバイダを紹介します。

・Evolution Gaming

多数のオンラインカジノ運営会社にゲームを提供している「Evolution Gaming / エボリューションゲーミング」は、本物のようなリアル感を追及するソフトウェア会社。

マネーホイールの人気ゲーム「Dream Catcher」をはじめ、世界をリードする様々なライブカジノを提供しています。

ライセンスの取得も問題なく、イタリア、デンマーク、スペインなどの第三者機関からも認証を受けている安全性の高いゲームメーカーです。

・Playtech

ライブカジノからスポーツベット、さらにはバーチャルスポーツやビンゴなど様々な製品を手掛ける「Playtech / プレイテック」は、革新的な製品づくりに情熱を捧げるソフトウェア会社です。

2012年にはロンドン証券取引所のメイン市場に上場するなど、信頼性はお墨付きですが、個人的には裏側の機能を研究しつづけているせいか、製品はどこか技術的な雰囲気で、若干お堅いなぁという印象があります。

とはいえ、日本人にも馴染みがある、アイアンマン、X-MEN、スパイダーマンなどのマーベル系作品や様々なハリウッド映画とのコラボも実現させるなど、遊んでいて楽しいスロットは盛りだくさんです。

・Microgaming

「Microgaming / マイクロゲーミング」もライブカジノからビンゴ、スポーツブック、モバイルカジノなど幅広いゲームを開発しているソフトウェア会社です。

Game of Thrones、Mega Moolahといった世界的に大ヒットしたゲームから、ターミネーター、プレイボーイ、ジュラシックパークなどのコラボスロットまで、実に様々なゲームを提供しています。

またペイアウト率も公開しており、いち企業としての信頼性も申し分なしです。

スロット,マルチスプレイヤースロット,落ちゲースロットって何?

カジノゲームの中でも最も代表的なゲーム「スロット」。

どのカジノ店舗にも備えてあって、伝統的で定番のカジノゲームとして非常に人気の高いゲームです。

この記事では、そんなスロットの遊び方や注意点、台の特徴についてまとめました。

少ない賭け金で高額賞金を手にすることができる大当たりもありますので、ぜひプレイしてみてください。

スロットとは

カジノスロットの基本的な遊び方は、現金を投入した後、ライン数や賭け金を決定し、プレイボタンを押すという手順が基本的なものとなります。

また、配当金額などはライン数や賭け金によって変化する仕組みとなっているため、それを調整しながらプレイすることもカジノスロットの醍醐味のひとつとなっています。

一方、カジノスロットの中には、通常の当たりだけではなく、フリーゲームと呼ばれる無料でプレイできるイベントがランダムで発生する仕組みが搭載されているものも存在します。

そのため、その機種特有のルールやイベントの発生条件などを見極めながら、プレイをするということも、カジノスロットならではの楽しみ方のひとつといえます。

以上のような基本的な仕組みは実店舗型のカジノだけでなく、オンラインカジノにおいても同様となっていることが多いため、オンラインカジノをプレイする際にも参考にすることができます。

スロットの魅力

スロットの魅力は何と言ってもその敷居の低さです。

ブラックジャックやルーレット等は運と戦略をつかってディーラーと勝負していくのですが、そういう事を考えたくないけども、お金を稼ぎたいと思っている人にはコインをベットしてスタートを押すだけでドンドンゲームが進んでいくスロットは丁度良いと思います。

また、ジャックポットなど宝くじのように大当たりが存在しますが、こちらも特に技術が無いと当たらないというわけでもないので、こちらでやることは「当たるまで待つ」というのが基本的な戦略です。

実際の店舗でのカジノ(ランドカジノ)ではドリンクが無料で配られたりするので、そういったサービスを受けながらスロットを回すこともできますし、オンラインカジノの場合だと1回○○ドルを100回スピンする。

というような設定もできるので、スロットを回している間に家事をしたり、お風呂に入ったり等といった、他のことをすることもできるのがスロットの有効的な活用方法の一つです。

スロットの種類

そんな人気のスロットゲームですが現在その種類はたくさん増えています。

ここでは5種類のスロットについて解説を行っていきます。

ジャックポットスロット

カジノ用語「ジャックポット」(Jackpot)とは、ポーカーやスロットなどで獲得する大当たりのことを指します。

ジャックポットはその金額が上がれば上がるほど、出現率は下がっていきます。

ここでは、スロットマシンのジャックポットについて取り上げます。

ジャックポット額としては最低レベルの2500ドル相当が当たるスロットなどでは4万~25万分の1の確率でジャックポットが出ます。

その倍の5000ドル程度の機種になると、確率は10万~50万分の1と大幅に下がり、さらに1~5万ドルが当たる機種では200万~800万分の1となり、ほぼ当たる確率はなくなります。

ちなみに、世界最大の賞金額を誇る「メガバックス」というスロットの平均的な賞金は1200万ドルほどですが、過去に3500万ドルにまで達したことがあります。ただし、ジャックポット出現率は4984万分の1と極めて少ない確率です。

リールスロット

リールスロットとは昔ながらのスロットマシンのことでリールとは釣竿を引くリールと同じでスロットでいうのドラムの表面、図柄が描かれている部分のことで、ドラムが回りそれが止まった時の絵柄の並び方によって決まった倍率でベットしたチップが返ってきます。

ビデオスロット

ビデオスロットは、クラシックスタイルのリールスロット等とは違い、派手な演出やボーナスゲーム、フリースピン機能などがある最新型のスロットです。

綺麗なグラフィックやゲーム展開はもちろん、そろう絵柄によってステージが変わるなどゲーム性が非常に高く人気です。

現在はオンラインカジノで遊ぶ環境が整っているので各社様々な演出のビデオスロットがあります。

同じくオンラインで遊べることによって新たにできるようになったスロットとしてマルチプレイヤースロットがあります。

マルチプレイヤースロット

マルチプレイヤースロットは、複数のプレイヤーが同時に参加出来るスロットゲームです。

フリーゲームやボーナスゲームに突入した時のゲーム中の配当をボーナスメーターの倍率まで増やすことが出来ます。

落ちゲースロット

毎回ランダムで落ちてくるものの並び方によってフリースピンに発展したりジャックポットに発展したりするスロットです。

ビデオスロットとも似たように演出が派手なことが特徴です。

スロットのフリースピン・ボーナススピンとは

オンラインカジノでは入金にボーナスが付くことがあります。

入金額に対して50%や100%等のボーナスが入ることがおおいですが、フリースピンやボーナススピンなどもあります。

フリースピンを取得するとその回数分スロットを楽しむことができます。

勿論そこで当たったチップは貰えます。(フリースピンのベット額は固定です)

簡単登録でフルCMSホームページ(Web CMS)が格安で作成できます

ホームページを作成・構築したい。でも低予算で作成したい。

そんな方に、フルCMS(Web CMS)のi-WebCloudは最適です。ブログを書くように簡単にページを増やしたり、画像やバナーリンクもボタン一つで作成でき、HTMLやプログラムなど専門知識を必要としません。基本的な雛形を用意していますので、情報デザインに苦労する事もなく、ホームページ全体を構成する事が可能です。

独自ドメインの取得、メールアドレス登録、Webサーバーもひとつのパッケージとなっていますので、申込み登録が完了次第、すぐにホームページ作成作業ができます。もちろんドメインを活用する事も可能です。

i-WebCloudは、クラウド技術を活用し、ご自宅や外出先のパソコン、移動中でのスマートフォンなどモバイル環境から簡単に編集する事が可能になっています(環境によりエディタOFFモードのみ)。また、編集者が複数で管理する事が可能なので、今まで一元的な管理しかできなかったホームページをよりアクティブな編集に、事業部を超えた複数の担当者であってもすぐに反映する事ができます。

カスタマイズパックやフルカスタマイズパックでは、自由なレイアウトのCSS&HTMLを、i-WebCloudによりフルCMS(Web CMS)化する事も可能です。現在既に構築されているホームページを、i-WebCloudで管理・運営する事もできます。

簡単登録でフルCMSホームページ(Web CMS)が格安で作成できます

ホームページを作成・構築したい。でも低予算で作成したい。

そんな方に、フルCMS(Web CMS)のi-WebCloudは最適です。ブログを書くように簡単にページを増やしたり、画像やバナーリンクもボタン一つで作成でき、HTMLやプログラムなど専門知識を必要としません。基本的な雛形を用意していますので、情報デザインに苦労する事もなく、ホームページ全体を構成する事が可能です。

独自ドメインの取得、メールアドレス登録、Webサーバーもひとつのパッケージとなっていますので、申込み登録が完了次第、すぐにホームページ作成作業ができます。もちろんドメインを活用する事も可能です。

i-WebCloudは、クラウド技術を活用し、ご自宅や外出先のパソコン、移動中でのスマートフォンなどモバイル環境から簡単に編集する事が可能になっています(環境によりエディタOFFモードのみ)。また、編集者が複数で管理する事が可能なので、今まで一元的な管理しかできなかったホームページをよりアクティブな編集に、事業部を超えた複数の担当者であってもすぐに反映する事ができます。

カスタマイズパックやフルカスタマイズパックでは、自由なレイアウトのCSS&HTMLを、i-WebCloudによりフルCMS(Web CMS)化する事も可能です。現在既に構築されているホームページを、i-WebCloudで管理・運営する事もできます。

簡単申込み

i-WebCloudの申込み

簡単申込み

i-WebCloudは、オンラインサインアップですぐに申込が可能です。

i-WebCloud「基本パック」の全ての機能を備えた「無料体験版(Free Trial)」を30日間使用できます。

まず、直感的で高機能なi-WebCloudの使いやすさを実感してみてください。

また、基本パックやカスタマイズパック、フルカスタマイズパックも、i-WebCloudオンラインサインアップから無料体験版(Free Trial)を一旦申し込み頂き、その後に基本パック・カスタマイズパック・フルカスタマイズパックへ申込み頂けます。

i-WebCloudオンラインサインアップ・無料体験版(Free Trial)は、登録後すぐにi-WebCloud管理画面にログインでき、そこで入力した情報も、基本パック・カスタマイズパック・フルカスタマイズパックへデータベースとして移行されます。

全ての申込みはi-WebCloudオンラインサインアップからはじめてください         

FreeTrial-p144.png

ft-button.png
基本パック申込み

いつでもアップグレード可能特別割引もあります 

カスタマイズパック申込み

いつでもアップグレード可能特別割引もあります 

フルカスタマイズパック申込み

ドメイン取得・設定には1〜2日必要としますが、i-WebCloudオンラインサインアップ登録後、仮ページを自動作成しますので、編集作業はただちにはじめる事ができます。

基本パック・カスタマイズパック・フルカスタマイズパックへの申込み・購入は、i-WebCloudホームページのこのページからでも、i-WebCloudの管理画面からでも行なう事が可能です。 

要件定義が確定している場合や、今お使いのホームページをi-WebCloud CMSで運用したい場合などは、一度「無料お見積り」からお問い合せください。

基本パックお申し込み

月額利用料は、申込み月から翌月分の請求書発行いたします(申込み月の利用料は、初期費用に含まれます)。月額利用料のお支払は銀行振込でお願いしております。

基本パックの月額利用料は3,980円/月(税込)となります。

※オプションによって月額利用料が変更になる場合がございます。 

カスタマイズパックお申込み

トップページデザインにオリジナリティが欲しい、または現在使用中のホームページをi-WebCloud CMSエンジンに搭載したい、などのご要望にお応えします。

i-WebCloudバナー非表示。

月額利用料は、申込み月から翌月分の請求書発行いたします(申込み月の利用料は、初期費用に含まれます)。月額利用料のお支払は銀行振込でお願いしております。

基本パックの月額利用料は5,980円/月(税込)となります。

※オプションによって月額利用料が変更になる場合がございます。 

フルカスタマイズお申込み

主要ページのWebデザインをオリジナルで構築します。

i-WebCloudバナー非表示。「Powered by i-WebCloud.」非表示。

月額利用料は、申込み月から翌月分の請求書発行いたします(申込み月の利用料は、初期費用に含まれます)。月額利用料のお支払は銀行振込でお願いしております。

基本パックの月額利用料は6,980円/月(税込)となります。

※オプションによって月額利用料が変更になる場合がございます。 

独自ドメイン

独自ドメインをお持ちでない場合は、お好きなドメインを取得できます。

こちらで空きドメインを検索できます。

 ドメイン:

.jp .co.jp .or.jp .com .net .org .info .biz 以外は、こちらよりお問い合わせ下さい。

基本プランには無料で「.com」「.org」「.net」のドメイン1個が取得可能です。

「.jp」「.co.jp」「.or.jp」などの上記以外のドメイン希望の場合は、別途オプションの追加が必要になります。

また他にもさまざまなドメインも取得可能です。こちらよりお問い合わ下さい。

例).sc .se .aero .ag .am .asia .at .be .bz .cc .ch .cm .co .cx .cz .es .eu .fm .gr .gs .hn .ht .hu .im .in .io .it .la .ic .li .lt .lt .lu .mb .me .mg .mn .mobi .ms .mu .mx .name .nf .nl .nu .pe .ph .pk .pl .ro .ru .se .sg .sh .si .sk .tc .tk .ti .travel .tv .us .uz .vc .vg .ws など。

ドメインによって、数千円から数万円も場合もございます。お問い合わの場合は、複数の候補を選んでください。

既にドメインをお持ちの場合は引き継ぎ(ドメイン移管)する事も可能です。

こちらよりお問い合わ下さい。